○湖南市産婦健康診査及び1か月児健康診査費助成要綱

平成26年4月1日

告示第55号

(目的)

第1条 この告示は、乳児の健やかな成長に資すること並びに母親の子育て不安の軽減及び虐待の予防に資するため、母親の産後の健康状態と乳児の健康状態を把握することを目的として、産婦健康診査(以下「産婦健診」という。)及び乳児の1か月児健康診査(以下「1か月健診」という。)の受診費用の一部を助成することについて、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 助成対象者は、次に掲げる者とする。

(1) 産婦健診及び1か月健診を受診した母子であって、出産日及び当該健診受診の日において本市に住民票を有する者

(2) 前号に掲げる者のほか、市長が特に必要と認める者

(助成対象及び助成額)

第3条 助成対象は、当該健診に必要な健診費とし、同一の出産につき1回限りとする。

2 助成額は、産婦健診に2,000円(当該健診の受診の際に支払うべき健診費が2,000円を下回った場合は、当該健診の受診の際に支払うべき健診費)、1か月健診に同一世帯の子ども一人あたりにつき1,500円(当該健診の受診の際に支払うべき健診費が1,500円を下回った場合は、当該健診の受診の際に支払うべき健診費)とする。

(助成の申請)

第4条 この告示による助成を受けようとする者は、医療機関等において産婦健診及び1か月健診を受診した後、産婦健康診査及び1か月児健康診査費助成交付申請書(様式第1号)に当該健診にかかる領収書を添付して市長に提出しなければならない。

2 申請期間は、出産後1年以内とする。

(助成の決定)

第5条 市長は、前条の申請を受理したときは、その内容を審査し、助成が適当と認める場合は、産婦健康診査及び1か月児健康診査費助成決定通知書(様式第2号。以下「助成決定通知書」という。)により申請者に通知し、助成決定者に対し、助成額を償還払するものとする。

2 市長は、前項の規定により、助成金の交付が適当でないと認められる場合は、産婦健康診査及び1か月児健康診査費助成却下通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(助成金の返還)

第6条 市長は、助成決定通知書の交付を受けた母子が偽りその他不正な行為により助成を受けたときは、その全部又は一部を返還させるものとする。

付 則

この告示は、平成26年4月1日から施行し、同日以降に出産した母子について適用する。

付 則(平成27年告示第55―4号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

湖南市産婦健康診査及び1か月児健康診査費助成要綱

平成26年4月1日 告示第55号

(平成27年4月1日施行)