HOME > パブリックコメント > 実施状況 >
「第7期湖南市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(素案)」に係るパブリックコメントの意見の概要
タイトル


「第7期湖南市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(素案)」に係るパブリックコメントの意見の概要

「第7期湖南市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(素案)」に係るパブリックコメントの意見の概要」にかかるパブリックコメント手続きの結果、寄せられたご意見の概要とそれに対する考え方をお知らせします。
ご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

1 意見募集期間  

平成30年1月10日(水曜日)から平成30年1月31日(水曜日)まで

     
2 意見の件数  

3件(1人)
  〔内訳〕
  (1)原案を修正するもの ・・・・・・・・・0件
  (2)原案には反映できないもの ・・・0件
  (3)既に原案に記載済みのもの・・・3件
  (4)その他 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0件


参照   第7期湖南市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(素案)(PDF3.5メガバイト)
3 .意見・提案の内容とそれに対する市の考え方は次のとおりです。
■第2部 第2章 安心して住み慣れた地域で暮らせるまち
  基本施策7 地域包括支援センターの機能強化
  基本施策8 介護保険サービスや住まいなどの基盤整備

意見・提案など
市の考え方
●組織に関すること
・専門で地域包括支援センターが出来るようにしてほしい。
(3)既に記載済みのもの
・計画に記載のとおり、地域包括支援センターにつきましては、南北2チームに分け、第7期中に地域包括支援センター業務に三職種(主任ケアマネ・社会福祉士・保健師)が専従する形で業務ができるよう進めていきます。また第8期以降の地域包括支援センターのあり方については、引き続き検討します。
●介護者支援に関すること
・集団でする場が難しいと考えるのであれば、激励金の対象者を増やしてほしい。もしくは、もっと異なる施策にしてほしい。
(3)既に記載済みのもの
・介護者支援に関することとして、家族介護教室や家族介護者交流会、在宅寝たきり老人等介護激励金の支給事業を実施しています。
家族介護教室や家族介護者交流会については、参加家族にとっては有効なものと評価しています。開催日時や開催の周知・啓発の方法についても検討します。
・介護激励金については、ひとり暮らしの高齢者の増加、高齢者世帯の増加に伴い、別居の子が介護の中心者になることが増えています。そのため、介護激励金についても、引き続きより良いあり方を検討します。
●支援者支援に関すること
・計画に体制強化について明記してほしい。
(3)既に記載済みのもの
・計画に記載のとおり、介護支援専門員については、毎月実施の居宅介護支援事業者連絡調整会議の中で事例検討を実施しスキルアップを図っています。また介護保険事業者協議会における研修会において、サービス提供者の質の向上を図っています。
・施設における職員不足・体制強化については、計画とは別に各事業者との検討に努めます。
▲このページの一番上へ戻る
著作権公示