HOME > 緊急情報 > 特定外来生物「ヒアリ」や「アカカミアリ」について
緊急情報

2017年  6月 27日発表
 特定外来生物「ヒアリ」や「アカカミアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」や「アカカミアリ」について

 

環境省は平成29年6月13日(火曜日)に「神戸港を中継したコンテナから、強い毒性を持つ南米産の特定外来生物「ヒアリ」が日本国内で初めて見つかった。」と発表しました。

 環境省、兵庫県、神戸市は、緊急調査を実施したところ、6月16日にコンテナが一時的に保管されていたコンテナヤードにおいて「ヒアリ」の個体が確認されました。

 また、調査を行う中で、6月21日に特定外来生物「アカカミアリ」が確認されています。

 環境省と神戸市は、発見場所やその周辺地域で集中的な殺虫剤等による緊急防除を行っており、現在、他の調査地点では、同様の個体は確認されていません。

 

 いずれも攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシー・ショック(急激で重度なアレルギー症状)を起こす可能性があるなど、人体にとって危険な生物です。

 

 現在、市内では確認されておりません。

 

 

もし、見つけたら

万一、これらの種類と疑われる「アリ」を発見された場合は、決して触らず、速やかに下記まで連絡いただきますようお願いします。

個体は、市販のアリ用殺虫剤で駆除が可能です。

 

 

特  徴

「ヒアリ」

・体長は2.5o〜6o程度。

・全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色。

・原産地は南米。

・土で直径25〜60cmのドーム状のアリ塚を作る。

・雑食性で、節足動物、小型脊椎動物、樹液、花蜜などを餌とする。

「アカカミアリ」

・体長は3o〜5o程度。

・体色は赤褐色で頭部は褐色。

・原産地は米国南部〜中米。

・雑食性で甘露や食物の種などを餌とする。

・水に浮かんで集団移動するなど、拡散の能力が高い。

 

もし、刺されたら

刺された直後20〜30分程度は安静にして、体調に変化がないか注意してください。

容態が急変したときは救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。

受診の際は、「アリに刺されたこと」、「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。

 

問い合わせ窓口

総務部生活環境課       電話 0748-71-2326

               FAX  0748-72-2201

                              E-mail   seikan@city.shiga-konan.lg.jp

総合政策部危機管理局

危機管理・防災課       電話 0748-71-2303

                              FAX  0748-72-2201

                              E-mail   kikikanri@city.shiga-konan.lg.jp

 

詳しくは

 

環境省パンフレット「ストップ・ザ・ヒアリ」(PDF5891キロバイト)

 

環境省報道発表資料(平成29年6月21日)神戸港におけるアリの調査状況報告について(外部リンク)

▲このページの一番上へ戻る
著作権公示