HOME > 市長のプロフィール > 平成26年12月湖南市議会定例会閉会あいさつ
 ■市長室

施政方針・所信表明

平成26年12月湖南市議会定例会閉会あいさつ

平成26年12月定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様におかれましては、先月28日から本日まで、長期間にわたり慎重審議され、条例の制定改正や補正予算など、提出いたしました議案すべてをお認めいただきました。心から御礼申し上げます。

 湖南市制10周年の1年も無事暮れてまいりましたが、これも議員のみなさまをはじめ市民のみなさんのおかげであると心から感謝を申し上げます。12月6日にグランドオープンしたイオンタウン湖南は市外からの買い物客の流入が順調に続いており、今後はこれをいかに市内経済循環に組み込んでいくかが課題となってまいります。人口減少社会、超少子高齢社会、成熟社会を迎えた今、どのように地域の持続的な発展を描けるかは、この湖南市を愛し、湖南市のことを思う人がどれだけ増えるか、湖南市民がいかにひとつにまとまることができるかにかかっていると申せます。そうした意味で、危機感と将来展望を共有しつつ、引き続き議員の皆様をはじめ市民のみなさんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 また、今月2日に公示され、14日に投開票されました第47回衆議院議員総選挙は、政府与党の圧勝となりましたので、まち・ひと・しごと創生を通じた地域活性化に向けて検討を進めてまいりたいと考えております。

寒さ厳しき折、これから年末に向けて何かと立て込んでくるとは存じますが、議員の皆様にはどうかご慈愛の上、新しい年をお迎えになられますことと、来る年も執行部一同、よろしくご指導賜りますようお願いし、来る平成27年が湖南市と湖南市民にとり、より良き年となりますようお祈りし、閉会に当たりましてのお礼のごあいさつといたします。

▲このページの一番上へ戻る