HOME > 市長のプロフィール > 平成26年9月湖南市議会定例会招集あいさつ
 ■市長室

施政方針・所信表明

平成26年9月湖南市議会定例会招集あいさつ

 平成26年9月定例会の招集にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。議員のみなさんには、市政の運営にご理解とご協力をいただいておりますことをまずもってお礼申し上げます。

 さて、本9月定例会には、条例の制定改正や補正予算、平成25年度決算などに関してご審議をお願いするわけですが、それに先立ちまして本日までの行政報告をさせていただきます。

世界情勢といたしましては、中国によるわが国南西方面の圧力は少し緩和をする一方で南シナ海方面への進出が顕著となっておりますが、他方中国経済の先行きに不安がささやかれています。また、ロシアによるウクライナへの軍事作戦に対しましては、アメリカやヨーロッパが一致して経済制裁を強めており、わが国もそれに賛同するかたちとなったことから、東アジアにおけるロシア、中国、北朝鮮、韓国、台湾の間でわが国のプレゼンスをどう保持するのか難しいかじ取りを迫られています。また、イラクやシリアにおけるイスラム国の勢力が徐々に強まり西側社会に対する脅威と受け取られておりますし、アフリカ西部におけるエボラ出血熱の猖獗は止まるところを知らない様子です。

一方で、4月の消費増税を受けた景気の落ち込みからまだ脱却できそうにないわが国経済を下支えしようと平成27年度当初予算の概算要求は過去初めて総額で100兆円を突破いたしました。TPP交渉の行方が透明性を持っていないのと同様、いわゆる吉田調書が公開されたとはいえ、福島第一原子力発電所事故の原因究明や復旧には依然としてめどが立っておりません。そして、地方創生を目玉として安倍総理は明日内閣改造を行うこととしています。

7月4日には滋賀県議会議員湖南市選挙区補欠選挙で生田邦夫氏が無投票当選し、さらに13日には滋賀県知事選挙で三日月大造氏が当選し、20日から第9代滋賀県知事に就任しております。

湖南市に目を転じますと、安心安全の側面では、湖南市消防団が6月8日に分団別訓練、7月27日に全団訓練を行いますとともに、常備消防および甲賀市消防団と連携した甲賀広域消防連合夏期訓練大会が7月6日に開催されております。また、石部南学区では7月4日から5日にかけて住民主導の大規模な防災訓練を行いました。市役所といたしましても、全面改訂した湖南市地域防災計画に基づき6月23日に災害警戒本部設置時初動対応訓練を行いましたが、7月8日と10日には台風8号に対する、8月7日と8日には台風11号に対する災害警戒本部連絡員会議をそれぞれ開いて全庁で情報を共有するとともに、8月9日および10日には本市に台風11号に伴う大雨洪水警報が発令され、警戒本部を設置して対応いたしました。こうした不測の事態に備えた民間との協力体制として、災害時の応急復旧に関する応援協定を締結しているNPO法人甲賀ユートピアネットワークの総会が6月18日に開催されるとともに、7月18日には甲西陸運株式会社と災害時の運送等に関し、滋賀県建設業協会甲賀支部と応急復旧に関して、それぞれ応援協定を締結しました。そのほか、安心安全に関しては、6月11日にこなん市防犯自治会総会が、27日には滋賀県消防協会第2ブロック会議が、8月2日には湖南市平和祈念のつどいが、3日には第48回滋賀県消防操法訓練大会が、21日には甲賀防火保安協会創立40周年記念式典が開かれています。

 次に保健医療福祉などの側面では、7月4日に湖南市高齢者福祉計画及び介護保険事業計画策定委員会を招集し、医療介護総合確保法など周辺環境の変化する高齢者福祉施策に対する検討を始めました。一方で国民健康保険の制度見直しも進むなか6月20日には全国国民健康保険診療施設協議会の第1回定時社員総会が、7月28日には滋賀県国民健康保険団体連合会の通常総会が開かれるとともに、31日には湖南市国民健康保険運営協議会を開催しました。これらの背景となる医療政策の変化について、8月25日に公立甲賀病院組合議会議員夏季セミナーが開催され、今後の医療環境の変化について本市ならびに甲賀市の議員、医療関係職員に対して講演が行われました。8月19日には湖南市糸賀一雄生誕100年記念事業実行委員会を開催し、昨年度に引き続き進める事業を審議しました。また、来年4月から始まる子ども子育て支援新制度に向けた湖南市子ども子育て未来会議は6月27日、8月1日、29日に開催しております。この間、6月14日にことばの教室親の会、28日に湖南市障がい児者団体連絡協議会、29日に湖南市手をつなぐ親の会がそれぞれ総会を開いています。

 次に産業交通やインフラ整備の側面では、大津、草津、守山、栗東、野洲、湖南の6市で構成する大津湖南地域幹線道路整備促進協議会が7月7日に第1回研究会を、25日に近畿要望を、8月18日に知事要望を、20日に中央要望を行いましたし、野洲川改修促進協議会が7月29日に近畿要望を、8月18日に知事要望を、26日に中央要望をそれぞれ行いました。鉄道関連では、7月8日にJR西日本京都支社への単独要望活動を行いますとともに、8月9日には草津線複線化促進期成同盟会の理事会と総会が開催されました。6月23日には信楽高原鉄道株式会社の定時株主総会が開かれています。6月26日には湖南市水道運営委員会を開きましたし、8月27日には滋賀県琵琶湖流域下水道協議会が開かれ、流域下水道の今後のあり方について議論が交わされました。インフラ整備を活用しながらの産業振興に関しては、8月22日には今年度第1回目となる内陸型国際総合物流ターミナル研究会が開かれておりますし、6月17日には湖南市産業経済懇話会の総会が開かれ、28日には十二坊温泉オートキャンプ場開場1周年感謝祭が執り行われています。8月2日には湖南市夏まつりが盛大に開催されました。農林振興に関しては、6月21日に甲賀農業協同組合通常総会が、29日には正福寺生産森林組合総会が、7月22日には改選後最初の農業委員会が、8月23日には滋賀中央森林組合総会がそれぞれ開かれ、勤労者福祉に関しては、6月25日に湖南甲賀地区労働者福祉協議会定期総会が、8月4日には甲賀広域勤労者互助会の役職員研修が行われています。

 次に環境やエネルギーの側面では、7月12日に脱原発をめざす首長会議の勉強会が開かれ、湖南市の取り組みを報告したほか、8月8日には湖南工業団地スマートエネルギーシステム構想検討事業勉強会が開かれ、これからのスマートエネルギーのあり方に対する官民挙げての取り組みが始まりました。8月30日には湖南市環境保全協議会が甲賀流域河川の日一斉清掃に取り組みました。

 次に教育やスポーツの側面では、6月12日から今年度のきょういくげんき塾が始まり、月1回のペースで若手教員の育成に努めています。また、8月19日からは昨年度本市教育委員会と東京学芸大学との間で締結した協力協定に基づき、本市の中堅若手教員に対するアドバンス研修が初めて行われました。同じ19日には第4回いじめをなくそうサミットを開催し、北栄町からの児童生徒を交え、子どもたち自身がいじめをなくすための議論を深めました。6月13日からは昨年度学校支援地域本部を設立した日枝中学校において、地域住民に対する開放講座である公民ゼミナールが開始されています。8月24日からの子ども交流事業では鳥取県北栄町へ25日まで、高知県室戸市へは26日まで子どもたちを派遣し、現地での交流を行いました。8月19日には第39回全国高等学校総合文化祭生徒実行委員会が表敬訪問に訪れました。スポーツに関しては、6月15日に地区対抗ソフトボール大会が、8月23日にはスポーツ少年団バレーボール大会が、24日には湖南ロータリークラブ学童野球大会が開かれたのをはじめたくさんの大会が開催されましたが、30日から3日間の日程で第20回日本シニアソフトボール滋賀・湖南大会が開かれました。また、8月11日には三雲小学校のドッジボール部が全国大会へ進出したことの報告に表敬訪問してくれました。

 市民の活動や行政の動きの側面では、7月6日にボクシングWBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介選手の防衛戦6連覇の祝賀会が開かれました。また、14日には菩提寺新まちづくりセンターの起工式を執り行いました。区長会は6月11日と8月8日に行われ、その間の7月22日、23日には兵庫県朝来市と京都府丹波市で研修を行っています。6月8日には湖南市国際協会通常総会が開かれ、同時にワールドフェスタこなん2014が開催されていますし、21日には市民活動補助金プレゼンテーションが行われました。7月8日の市議会臨時会に提案した人事案件に関し、17日には浅原寛子教育長が退任し、18日から谷口茂雄教育長が就任しています。8月8日には議会執行部連絡会議を開きました。

 対外的な側面では、最初に触れましたように6月26日に滋賀県知事選挙が告示され、7月13日に投開票された結果、三日月大造氏が当選、20日に新知事に就任しました。そこで、8月29日には平成27年度滋賀県予算に関する政策要望を知事に対して行ったところです。知事からは湖南市のことだけではなく県政全般についても意見をいただきたいと話がありました。市長会関係では、7月16日に滋賀県市長会臨時会が、8月27日に定例会がそれぞれ開かれますとともに、7月30日、31日には岡山県瀬戸内市および香川県高松市で先進地研修を行いました。県内自治体との外交では、滋賀県市町村職員研修センター議会臨時会が7月28日に、定例会が8月27日に開かれるとともに、8月21日には滋賀県市町村職員退職手当組合議会定例会が開かれました。個別自治体との関係では、甲賀市との間で甲賀広域行政組合議会臨時会を6月26日に、正副管理者会議を8月25日に開くとともに、同じ25日に公立甲賀病院組合議会で議員夏期研修が行われました。栗東市との間では8月12日に栗東湖南広域行政協議会総会を開いています。友好交流都市との関係では、北海道比布町から7月20日の下田商工夏まつりと21日の下田泥りんピックに参加するために派遣団が送られてきたのに対し、8月6日には比布町が120周年を迎えるにあたり、湖南市からも派遣団を送り、120周年記念式典および7日のぴっぷ七夕天国に参加してきました。一方、鳥取県北栄町からは8月2日の湖南市夏まつりに町長・議長以下の派遣団が送られ、18日から19日にかけてはいじめをなくそうサミットへの児童生徒の参加、19日には湖南市の視察団が送られてきたのに対し、7月6日のすいか・ながいも健康マラソンに派遣団を送るとともに、8月24日、25日には子ども交流事業で児童を派遣しました。なお、京都府舞鶴市長から日本最大の海の祭典である海フェスタ京都2014の招待をいただきましたので7月26日に海上自衛隊舞鶴地方総監部の展示訓練を視察してまいりました。

今議会には、条例の制定改正、補正予算などをご提案してまいりますほか決算の認定について提案してまいりますので、どうか慎重にご審議をいただきますようお願いを申し上げまして、招集にあたりましてのごあいさつといたします。

▲このページの一番上へ戻る