HOME > 市長のプロフィール > 平成26年6月湖南市議会定例会招集あいさつ
 ■市長室

施政方針・所信表明

平成26年6月湖南市議会定例会招集あいさつ

平成26年6月定例会の招集にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。議員のみなさんには、市政の運営にご理解とご協力をいただいておりますことをまずもってお礼申し上げます。

本6月定例会は、条例の制定改正などに関してご審議をお願いするわけですが、それに先立ちまして本日までの行政報告をいたします。とりわけ、3月定例会の開会後、4月、5月は各種団体、法人、協議会等の総会が多く開かれ、新年度がスタートした期間にあたります。

 この間、国においては、4月1日に消費税が3%引き上げられましたが、危ぶまれた市場は今のところ織り込み済みとの反応です。また、生活保護法の改正や国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約加盟など、生活を取り巻く法的環境の変化がありました。政界では結いの党と分裂したみんなの党の代表辞任や日本維新の会の分党など、野党再編の萌芽が見えますとともに、巨大与党である自由民主党・公明党連立内閣では、集団的自衛権のあり方を巡り議論が重ねられています。また、司法関係では、5月21日に福井地方裁判所が大飯原子力発電所3、4号機の運転差し止め判決を、横浜地方裁判所が厚木基地の夜間飛行差し止め判決をそれぞれ行いました。5月27日には高円宮典子女王殿下と出雲大社千家国麿禰宜のご婚約が発表されています。

 滋賀県では、嘉田由紀子知事が5月7日に知事選挙への3選不出馬を表明しました。梅雨入り前に真夏日を迎えましたが、これからは梅雨の蒸し暑さが加わったうえで、熱い戦いが繰り広げられることになりそうです。

 湖南市においては、大きな出来事として、4月23日には山中慎介選手が大阪城ホールで開催されたWBC世界バンタム級タイトルマッチで6度目の防衛に成功しました。また、26日には第4代こにゃん市長にネコの花梨市長が就任しています。さらに、5月2日には市議会臨時会を招集し、選任同意をいただいたうえで、13日には森淳議員に監査委員の辞令を交付いたしました。5月8日には市道三雲駅線が開通をし、交通の円滑化に寄与しております。

 そして、長年にわたり、甲西吹奏楽団や甲西吹奏楽団ジュニアバンドの育成にご尽力を賜り、湖南市歌である「のびゆく湖南市」の作・編曲をいただいた、わが国吹奏楽ポップスの父と呼ばれる作曲家の岩井直溥さんが、5月10日に呼吸不全で亡くなられました。90歳でした。市民を代表して哀悼の誠を捧げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

 安全安心の面では、3月定例会の開会日である2月27日に湖南市防災会議を開催し、『湖南市地域防災計画』の改定をいたしました。3月2日には湖南市消防団が分団別火災防御訓練を行いますとともに、その後、甲西文化ホールで防災フォーラムを開催いたしました。4月4日には春の全国交通安全運動オープニング式が、5日には湖南市消防団入退団式が挙行されました。5月11日には国土交通省や滋賀県、自衛隊、警察、消防など幅広い関係機関が参加して、平成26年度野洲川総合水防演習が野洲市地先で行われました。12日には自衛官募集相談員委嘱式が、20日には滋賀県消防学校において消防殉職者慰霊式典が、そして25日には平松地先で第31回オウム真理教抗議集会が開かれています。

 福祉医療の面では、「湖南市糸賀一雄生誕100年記念事業」として、3月1日から「こなん出会いのアート展・近江学園作品展」を開催いたしました。3月15日には医師連絡調整会議が、18日には湖南市子ども・子育て未来会議が、24日には湖南市障がい者計画策定員会が開かれました。4月11日には東寺地先の旧糸賀邸に、糸賀一雄生誕100年に合わせて「不問庵・一碧文庫」が開設されております。

 環境関係については、3月8日にはわが国に初めてロハスを紹介した大和田順子さんを講師に迎えて小水力発電に関する勉強会が開かれました。5月27日には、産官学の様々な主体が参加して生物由来の再生可能エネルギーの研究・実用化を目指す「滋賀バイオマス活用推進協議会」の設立総会が開催されました。

 教育・文化・スポーツ関係については、3月2日に湖南市美術展の表彰式が行われました。3月9日には湖南市早春コンサートが、16日には甲西吹奏楽団ジュニアバンド定期演奏会が開かれております。3月11日には市内各中学校の、19日には市内各小学校の卒業式が、4月8日には市内各小中学校の入学式が挙行されました。また、5月10日には国際文化教室開校式が、17日には石部中学校創立40周年記念事業が行われますとともに、24、25両日には一般社団法人日本フットボール推進機構による「第1回湖南市カップ2014ジュニアサッカー大会」が元プロサッカー選手の名波浩さんを迎えて盛大に開催されました。31日には水戸小学校、三雲小学校、菩提寺北小学校で運動会が行われております。

建設・産業関係では、4月12日ににごり池公園において第24回湖南市さくらまつりが桜花の残るなか開催されますとともに、15日には湖南市企業・事業所人権啓発推進協議会総会が開かれ、16日には湖南工業団地三水会において教育長が湖南市の教育に関する講演をしております。5月26日には新たに3名に認定農業者の認定証を交付いたしました。

 地域活動としては、3月2日に田代が池公園の芝張作業を地域のみなさんがしてくれました。また、4月5日にはハイウェイ・サイドタウン区のさくらまつりが初めて開催されたのをはじめ、11日には区長会と緑化推進委員会総会が開かれました。12日には三雲学区まちづくり協議会による「ウォーク&さくら」が実施されますとともに、19日には地域活性化推進事業「きらめき湖南」のきらめきプレゼンテーションが行われ、今年度の地域活性化事業の取組発表がされました。5月17日には湖南市レイ大交流会による第2回森北公園フェスティバルが盛大に開催されますとともに、24日には地域まちづくりフォーラムで四日市大学の小林慶太郎教授の講演や各主体の取り組み事例発表がありました。

広域関係においては、県未満の広域連携では、甲賀看護専門学校の卒業式が3月11日に、入学式が4月7日に行われ、3月27日には甲賀広域行政組合と公立甲賀病院組合の議会定例会が開かれました。5月9日には大津・湖南地域幹線道路整備促進協議会総会が開催されますとともに、19日には琵琶湖湖南中部地域下水道推進連絡協議会定期総会が開かれ、今年度と来年度の会長に選出されました。20日には地域高規格道路甲賀湖南道路整備促進期成同盟会総会と主要地方道草津伊賀線促進同盟会総会が、21日には野洲川改修促進協議会理事会と総会が、23日には野洲・湖南・竜王総合調整協議会総会が、そして26日には甲賀広域勤労者互助会総会がそれぞれ開かれております。

滋賀県レベルでは、3月26日に滋賀県市長会議が開かれますとともに、4月10日には第20回滋賀県自治創造会議が安曇川公民館で開催され、湖南市の教育現場での取り組みを中心に首長の間で教育議論が深まりました。5月26日には第79回全国国民体育大会滋賀県大会開催準備委員会の常任委員会と総会が開かれ、国体主会場が滋賀県立彦根運動場と決定されましたが、その実現に向けての課題が十分に整理されることを望みます。29日には平成27年度に開催され、湖南市ではお茶を担当することとなる全国高等学校総合文化祭第2回実行委員会が開かれました。

 近畿市長会関係では、5月2日には正副会長会議が、15日に役員会が、16日には総会が開催され、総会において近畿市長会改革の集大成である議案を一言の異議もなく満場一致で了解をいただき、副会長の任期を全うしました。

全国の関係では、4月9日に全国市長会理事会が、6月3日には全国市長会理事・評議員合同会議が、4日には第84回全国市長会議が、5日には国のかたちとコミュニティを考える市長の会がそれぞれ開かれました。

 今議会には、条例の制定改正と新市建設計画の改定に加え、追加案件のご提案を予定しておりますので、どうか慎重にご審議をいただきますようお願いを申し上げまして、招集にあたりましてのごあいさつといたします。

▲このページの一番上へ戻る