HOME > 市長のプロフィール > 平成22年9月市議会定例会開会あいさつ
 ■市長室

施政方針・所信表明

平成22年9月市議会定例会開会あいさつ

平成22年9月3日


平成22年9月定例会の招集に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。議員の皆さんには、市政の運営にご理解とご協力をいただいておりますことをまずもってお礼申し上げます。


また、先ほどは、岩根小学校の竣工式にご出席をいただきありがとうございました。


本9月定例会は、条例の改正や補正予算、平成21年度決算などに関してご審議をお願いするわけですが、それに先立ちまして本日までの行政報告をさせていただきます。


6月定例会開会後、6月2日には議員の皆さんにもご出席をいただき、甲西橋の開通記念式典が挙行されました。
8日、9日には全国市長会の各会議が開催されました。その後、オウム真理教市町村連絡協議会総会が開催され、本市は今年度監事に選出されました。また、行政改革を推進するために、財団法人地方自治体公民連携研究財団と連携協定を締結し、地方自治体公民連携研究会に参加をいたしました。
15日には、これまで甲賀市と一緒に取り組んでまいりました防犯自治活動について、新たに湖南市防犯自治会として独立することとなり、設立総会が開催されました。
18日には内閣官房と連携して地域活性化・構造改革特区制度講演会を開きました。
20日には市内下田出身の山中慎介選手がボクシングの日本バンタム級チャンピオンに輝いております。
24日には公立甲賀病院組合と甲賀広域行政組合の議会が開かれ、25日には大津湖南地域幹線道路整備促進協議会と野洲川改修促進協議会の総会が開催されました。


7月に入り、7日には竜王アウトレットモールのプレオープンに伴い、かねてから懸念いたしておりました大渋滞が市内各所に発生し、県、竜王町および三井不動産に対する抗議コメントを出し、そのうち知事と竜王町長からは謝罪がありました。
9日には全国自治体病院協議会近畿東海会議に出席、11日には参議院議員通常選挙・知事選挙投開票が行われ、それぞれ林久美子参議院議員、嘉田由紀子知事が再選されました。
14日には全国市長会理事・評議員合同会議が開催されますとともに、17日には潟Jルビーの特例子会社であるカルビーイートーク新工場竣工式が挙行され、障がい者の就労支援に厚みが加わりました。
23日には地域高規格道路甲賀湖南道路整備促進期成同盟会の近畿要望があり、24日には湖南市消防団全団火災防御訓練が挙行されました。
26日には滋賀県市町村職員退職手当組合議会が開かれ、その後、嘉田知事の呼びかけにより知事と市町長の懇談会が開催されました。知事からはこれまで市町と関係が悪化したことについて、マニフェストを金科玉条のようにやりすぎた、県は黒子であり、市町との連携なくしてマニフェストの実現はないとお詫びと反省がありましたので、私から県が県議会との調整に割くエネルギーの100分の1でも市町との協議に割けばムダな摩擦は事前に避けられる、そのために年4回の定例知事市町長会議を行うべきだと提案をし、満場の賛成で決定をいただきました。
27日には市議会臨時会を開催いただきましたし、終了後、28日にかけては広島へ出張し、2020核廃絶広島会議に参加してまいりました。県内からは他に首長の出席はなく、全国からも首長本人出席が50人に満たないという会議でありましたが、外国やNGO、市民などの参加も得て盛大に開催されました。爆心3キロメートルで被爆された松島圭次郎さんのお話や中堅国家構想名誉議長のカナダ上院議員であったダグラス・ロウチ氏による核非保有国と市民による核兵器禁止条約案作成についてのお話、CTBTの発効には9ヶ国の批准が必要で今後も働きかけていくという外務省担当者の話などを聞いてまいりました。この2020核廃絶広島会議は平和市長会議の取り組みの一環となります。
29日には近江八幡市合併記念式典および滋賀県民体育大会ゴルフ大会閉会式がありましたし、30日には暴力団追放甲賀湖南市民協議会総会が開催されますとともに、政府の新成長戦略に基づき創設される「総合特区制度」の制度設計に向けて本市から「自立支援福祉総合特区構想案」を提案いたしました。


8月に入りまして、1日には滋賀県消防操法訓練大会が開かれ、湖南市消防団からはポンプ自動車の部に第5分団が出場しました。高齢者の所在問題が表面化してすぐの3日の定例記者会見では、いち早く本市の100歳以上の人数が11名でいずれも健在であることをお知らせいたしました。
4日には草津線複線化促進期成同盟会総会が開かれ、7日には湖南市平和祈念のつどいと湖南市夏まつりが開催されました。このうち、平和祈念のつどいでは市内在住の谷信一さんが体験談を述べられましたが、市夏まつりでは、終了直前の花火大会から河川敷の枯草に引火し、火災を生じましたことは残念で、ご迷惑をおかけした関係方面にお詫びを申し上げます。
20日には栗東湖南広域行政協議会の総会が開催されますとともに、23日には大津湖南地域幹線道路整備促進協議会の近畿要望、26日には大津湖南地域幹線道路整備促進協議会と地域高規格道路甲賀湖南道路整備促進期成同盟会の中央要望を行い、国土交通省では馬渕、三日月両副大臣に、民主党では糸川副幹事長に直接要望し、県選出各国会議員にも整備促進を頼んでまいりました。また、同時に内閣府の田村政務官、民主党の糸川副幹事長に湖南市自立支援福祉総合特区構想案を説明し、大変関心を持たれました。
27日には滋賀県市長会が開かれましたが、7月26日の知事市町長の合意が進んでいない県の不誠実さへのいらだちが見られました。
28日から30日までは日本シニアソフトボール滋賀湖南大会が開催され、28日の開会式には川端文部科学大臣が来賓として出席をいただきました。
30日にはがん検診受診率向上プロジェクト協定の締結調印式をいたしまして、湖東信用金庫とアメリカンファミリー生命保険会社の協力でがん検診の啓発と受診率向上をめざすことといたしました。


一昨日から民主党の代表選挙が始まりましたが、地方は疲弊しておりますので、国の責務として経済政策・景気対策の舵取りをブレずにしっかりとしていただける政権を期待したいと思います。


最後に、広域の問題として、今議会に提案してまいります広域水道整備計画については、本年度の施政方針でも触れておりましたが、南部・甲賀・中部3水道の統合により本市の受水料金が値上がりしないという県企業庁の確約を得て、改定の同意を求めるものでございます。


非常に暑い日が続いております。今議会には、条例の改正、補正予算などをご提案してまいりますほか決算の認定について提案してまいりますので、どうか体調にご留意をいただきながら、慎重にご審議をいただきますようお願いを申し上げまして、招集に当たりましてのごあいさつといたします。


▲このページの一番上へ戻る